「適当なところが勝負どころでの弱さに直結する」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督

県勢初の全国制覇を成し遂げるなどを筆頭に、数々の好成績を残し、沖縄の高校野球界を引っ張り続けている、沖縄尚学高校。

そんな沖縄尚学の選手としても監督としても日本一を経験しているのは、比嘉公也監督である。

比嘉監督は、選手時代には、チームの中心投手として、沖縄県に初めて甲子園の優勝旗を持ち帰った実績を持つ。

そのため、監督に就任した際には、優れた投手の育て方や技術指導に期待や注目が集まった。

しかし、比嘉監督が最初に重視したのは、正しく私生活を送ることや、勉学に励むことなど、グラウンド外のことが中心であった。

これは、自身の現役時代に、日常生活を正したことが、人としての成長につながり、最終的に野球の成果に繋がったという経験からだ。

この方針は就任以来ブレることなく貫き、例え高い技術を持った選手であっても、野球以外のことがルーズであれば、メンバーに選ばないなど、徹底している。

当初は、戸惑う選手たちも少なくなかったが、優れた人間になることで、劣勢に動じることや隙が生まれることがなくなり、チームは、全国レベルの強さを維持できるようになった。

自らの経験から学んだ沖縄尚学の伝統をキチンと継承し、新たな歴史を作り続ける比嘉監督から、今後も目が離せない。

沖縄尚学の記事はこちら。

【関連】興南高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です