「殻を破ろうとしていることは、絶対に後悔には繋がらない」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督

成長する上では多かれ少なかれ変化が求められるが、現状の自分を失う怖さや結果が出るか否かの不安が足枷となり、挑戦から逃げてしまうケースは多い。

しかし、挑戦が失敗に終わったとしても、満足のいく答えが得られなかったとしても、経験という大きな価値が得られるなど、圧倒的にメリットは多い。

そんな考えを持ち、選手たちの成長への一歩を後押ししたり、挑戦する心を応援する指導を行うのは、沖縄尚学比嘉公也監督である。

比嘉監督は、選手と指導者の両方の立場で全国制覇を成し遂げている経験から、選手たちの成長や課題克服に必要な、様々な練習方法を教えている。

もちろん、それらを強制していては、指導者のいない環境では、自らの意思で成長や克服ができないとして、選手たちに取捨選択を一任し、自身に適したものを選ぶように伝えている。

しかし、苦しいメニューでは、弱さや甘さから手を抜いてしまう選手もいるため、僅かでも妥協が見えた際には、仲間同士で注意し合うようにさせ、挑戦しやすい環境を後押ししている。

他校やライバルなどの敵と戦う前に、自分という最大の敵を倒すことに日夜奮闘し、挑戦から得られた経験値を武器に、沖縄尚学は更なる進化を目指している。

↓比嘉公也監督の記事はこちら↓

↓東浜巨選手の記事はこちら↓

沖縄尚学の記事はこちら。

【関連】興南高校の記事はこちら。

【関連】沖縄水産の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です