「全員が1つになって戦うのが高校野球」/ 佐賀北 副島浩史選手

開幕戦で甲子園初勝利を挙げると、大会史上最長となる73イニングを戦い抜き、全国の頂点へ上り詰めた2007年の佐賀北高校。

そんなチームの「打の柱」としてチーつを支え、決勝戦では、逆転満塁ホームランを放つなどの活躍を見せたのが、副島浩史選手である。

佐賀北高校の記事はこちら。

当時のチームは、ベンチ入りメンバー全員が中学軟式野球出身者であり、後にプロ入りを果たす選手も一人もいない、ごく普通の公立高校であった。

また、学校側から完全下校の時間が決められていることや、他の部活との併用でグランドを使わなければならないなど、練習環境も恵まれてはいなかった。

そんなハンディを乗り越えるために、佐賀北では、平日の練習では「基礎体力作り」を中心としたメニューで、技術を補っていた。

強豪校に技術で劣ることを認め、一定レベル以上の技術を求めず、体力勝負に切りかえる戦術へと変更したのだ。

また、チームスポーツである野球の特性を活かすために、定期テスト前には勉強会を行い、お互いが助け合ったり協力し合うことを野球以外でも意識させていた。

全員が自分のできることを精一杯取り組み、全員で勝負に挑んでいくスタイルが、甲子園のミラクル快進撃を、支えていたのだろう。

【関連】佐賀商業の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です