「『負けない』という意識を持たせるのが日々の練習」/ 作新学院 小針崇宏監督

低迷しつつあった母校の作新学院を復活へと導き、新たな黄金期を築き続けている小針崇宏監督

その手腕は、全国的な知名度を誇り「名将」と称される指導者からも高い評価を受けている。

そんな小針監督の指導は、新たに力をつけさせるのではなく、選手たちの力を最大限に引き出すスタイルである。

就任当初は、自身の野球キャリアで培ったものを伝授することを優先して行っていた。

しかし、かつて春夏連覇も成し遂げた実績もあるため、作新学院には毎年レベルの高い選手が入学してくる。

そのため、新たに何かを身につけさせたり覚えさせること以上に、選手たちが持っている技術や能力を発揮させることが重要であると考えたのだ。

もちろん、課題を克服させることや必要なスキルを伝授するも行うが、基本的には持っている力を出す癖をつけさせる。

その一環として、練習の目標は技術の取得ではなく、どんな場面でもベストを発揮できる完成度に仕上げることと、試合時に敗戦やミスの不安をなくすこととしている。

新しさばかり追求するのではなく、できることを高いレベルへと仕上げ、根拠となる自信を持たせる小針監督は、これからも作新学院の強さを支えていく。

↓小針崇宏監督の記事はこちら↓

作新学院の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「『負けない』という意識を持たせるのが日々の練習」/ 作新学院 小針崇宏監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です