「教えれたことだけをやる選手は活躍できません」/ 専大松戸 持丸修一監督

甲子園出場の経験は少ないものの、「戦国の千葉」と称される激戦区にて躍進を続ける、専大松戸高校。

伝統校や名門校に台頭する、新興勢力として、周囲からの大きな期待と注目を集めている。

そんな専大松戸を指揮しているのは、指導したいずれの学校でも、甲子園へ導いた実績のある、持丸修一監督である。

持丸監督は、選手時代に甲子園でプレーした経験があることから、技術指導が脚光を浴びるケースが多い。

しかし、最もこだわっているのは、野球のスキルやノウハウではなく、人間性を育てることである。

チームプレーで、仲間と協力することの大切さを学ばせたり、一生懸命努力することの素晴らしさを伝えている。

だが、物事に対して、自ら考えて取り組まなければ、成長や成果には限度があるとして、強制をしたり、無理矢理納得させることはしない。

こうした教えない教えにより、時間はかかるものの、自然と自主性が身につき、野球の技術や人間性が向上していくのだ。

野球選手の前に、一人の人間として育てる持丸監督に導かれ、専大松戸は更なる進化を目指す。

専大松戸の記事はこちら。

【関連】習志野の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です