「チームスポーツである以上、自分のことをこなすだけでは足りない」/ 静岡 栗林俊輔監督

夏の甲子園優勝を筆頭に、全国でも数々の結果を残している高校野球界を代表する伝統校、静岡高校。

平成の中期には、甲子園から遠ざかるなど、苦戦を強いられるも、近年は復活を遂げ、新たな歴史を球史に刻み続けている。

そんな静岡高校を低迷期から脱出させることに成功したのは、自主性を重視したスタイルの栗林俊輔監督である。

栗林監督が就任した当時のチームは、強豪私学の台頭もあり、全国の舞台には進めずにいた。

そこで、栗林監督は、自らが培ってきた野球やノウハウを余すことなく伝え、甲子園 を目指した。

しかし、教えるだけの指導では成長に限度があり、試合では結果が出なかったことから、選手に主導権を委ね、サポート役に徹するようにした。

もちろん、自分勝手に練習しているだけでは無駄になるため、常に一体感を持って取り組むことを求めた。

また、同時に、お互いの弱点を克服できるように支え合ったり、補うためのスキルを身につけるよう促すなど、チームスポーツの特色を活かすようにもした。 

その結果、チームは再び甲子園常連校としての地位を確立すると、全国でも好成績を残し、新たな黄金期を築き始めたのであった。

静岡高校の記事はこちら。

【関連】日大三島の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です