「苦労は背負わず、前に置いて乗り越えなさい」/ 拓大紅陵 小枝守監督

高校野球も人生同様、多かれ少なかれ苦労というものに出会うが、それを乗り越えた先には、新たな自分や理想の結果にたどり着けるものである。

“「苦労は背負わず、前に置いて乗り越えなさい」/ 拓大紅陵 小枝守監督” の続きを読む

「この夏一番熱く燃えたのはやはり甲子園」

1992年

第74回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

西日本短大付属 (福岡県代表) × 拓大紅陵 (千葉県代表)
“「この夏一番熱く燃えたのはやはり甲子園」” の続きを読む

「自分の野球観を押し付けずに、どう切り替えていくかも重要」/ 拓大紅陵 小枝守監督

数々の結果を残し、日本代表監督も務めながら、「高校野球は人間教育の場」という、自身の信念をブレることなく貫き指導を続けていたのは、日大三高拓大紅陵を指揮した、小枝守監督である。

1992年に、当時では異例の、複数の投手起用甲子園準優勝へと導き、名監督という肩書きを背負って以降も、結果以上に拘ったのは、選手たちの成長であった。

“「自分の野球観を押し付けずに、どう切り替えていくかも重要」/ 拓大紅陵 小枝守監督” の続きを読む

「技で人は動かず、心が人を動かす」/ 拓大紅陵 小枝守監督

1992年の夏の甲子園での準優勝を筆頭に、甲子園や千葉県内で数々の実績を残している、拓大紅陵高校。

そんな拓大紅陵を全国レベルの強豪に育て上げたのは、日大三高で監督を務めていた経歴を持つ、小枝守監督である。

“「技で人は動かず、心が人を動かす」/ 拓大紅陵 小枝守監督” の続きを読む

「勝つときは偶然、負けるときは必ず原因がある」/ 拓大紅陵 澤村史郎監督

昭和59年のセンバツに初出場を果たすと、甲子園常連校として、一気に全国から注目を集める存在となった千葉県の拓大紅陵

戦国の千葉」での躍進だけでなく、平成4年の夏は、甲子園準優勝をするなど、全国でも成績を残している。

拓大紅陵を全国レベルの強豪に育て上げた名将小枝守監督の後を継ぎ、現在指揮をしているのが、澤村史郎監督である。

続きを読む

「選手達を信頼していましたから」/ 拓大紅陵 小枝守監督

高校野球界では、「戦国の千葉」と称されている激戦区で、昭和の終わりから平成初期にかけて一時代を築き、その後も県のトップに名を連ねている 名門拓大紅陵

昭和59年のセンバツに初出場すると、甲子園常連校として、全国から注目を集め、平成4年の夏の甲子園では、名門、強豪、甲子園優勝経験校などを倒し堂々の準優勝を成し遂げた。

そんなチームを平成26年まで指揮していたのが、名将小枝守監督である。

続きを読む