「監督と選手の心と心をいかに通わせるかが、高校野球の指導においては最も重要」/ 拓大紅陵 小枝守監督

高校野球の指導者という仕事は、経験を重ねていくうちに、自分のスタイルというものが確立されていく。

特に、結果を残すと、世間や周囲から評価されるため、その指導方針を見直すことをやめてしまう。

しかし、教える相手と信頼関係を築いていなければ、どんなに良い意見や引き出しを持っていても、伝わることない。

そのため、経験や実績に関係なく、常に選手たちの心と心を通わせておく必要がある。

そんな考えから、拓大紅陵を指揮していた小枝守監督は、心の距離を意識して指導を行っていた。

小枝監督は、名門の日大三高での指導経験や拓大紅陵時代には夏の甲子園準優勝を果たしたことに加え、日本代表チームの監督も務めたこともあるなど、優れたキャリアを持つ。

だが、自らの経験は参考程度にとどめ、過去と比較したり価値観を押し付けず、目の前にいる選手たちと向き合い、最適な指導を模索していた。

また、ベテランの領域に達しても、口先の指導ではなく、自らもしんどいことや辛いことに取り組み、選手たちと一緒になって汗を流して、選手たちの心を掴んでいた。

選手たちに野球や人としてのあるべき姿を伝えるだけでなく、指導者たちの道標となった小枝監督の存在は、高校野球界の宝としてこれからも継承されていく。

拓大紅陵の記事はこちら。

【関連】習志野の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です