「金足農業は実に大胆な攻めで、34年ぶりのベスト4を、まさに飛び込んでもぎ取りました!!」

2018年

第100回全国高等学校野球選手権記念大会

準々決勝

金足農業 (秋田県代表) × 近江 (滋賀県代表)
“「金足農業は実に大胆な攻めで、34年ぶりのベスト4を、まさに飛び込んでもぎ取りました!!」” の続きを読む

「主力がみんなに信頼されるためには、人として信頼されることが大事です」/ 金足農業 中泉一豊監督

高校野球だけでなく、監督が選手起用や采配を行うスポーツでは、選手は自然と指導者の信頼を得ることを意識してしまう傾向がある。

そんな中、金足農業を指揮している中泉一豊監督は、指導者以上に、仲間や応援してくれる人々からの信頼を得ることを求め、それらの信頼度を基準に選手起用を行う。

“「主力がみんなに信頼されるためには、人として信頼されることが大事です」/ 金足農業 中泉一豊監督” の続きを読む

「練習を積んで1点、1球の重みを感じプレーすれば、秋田の子たちでも勝てる」/ 金足農業 水沢博文選手

1984年の甲子園に春夏連続出場を果たし、夏の甲子では、4強まで勝ち進んだ、秋田県の金足農業高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、ストレートとカーブを軸に、打たせてとるスタイルを持ち味としていた、水沢博文選手である。

“「練習を積んで1点、1球の重みを感じプレーすれば、秋田の子たちでも勝てる」/ 金足農業 水沢博文選手” の続きを読む

「自分自身の意思でやらないと発見もないし、新たに身に付くこともない」/ 金足農業 中泉一豊監督

2018年の夏の甲子園での準優勝を筆頭に、全国でも数々の成績を残している秋田県の金足農業高校。

そんなチームを2015年から指揮しているのは、選手時代に1番センターとしてセンバツ甲子園に出場した実績を持つ、OBの中泉一豊監督である。

“「自分自身の意思でやらないと発見もないし、新たに身に付くこともない」/ 金足農業 中泉一豊監督” の続きを読む

「心にはいつも雑草魂、どれだけ踏まれても立ち上がる気持ちを持ちたい」/ 金足農業 吉田輝星選手

2018年の夏の甲子園で秋田県勢として103年ぶりに決勝進出を果たし、「金農旋風」として全国から注目を集めた、金足農業高校。

そんなチームのエースとして、甲子園で881球の熱投を見せ、準優勝の立役者となったのが、吉田輝星選手である。

“「心にはいつも雑草魂、どれだけ踏まれても立ち上がる気持ちを持ちたい」/ 金足農業 吉田輝星選手” の続きを読む

「刺激のある練習に志高く励んでほしいです」/ 金足農業 中泉一豊監督

高校野球の記念すべき第1回大会と100回大会で決勝進出を果たした、秋田県勢。

そんな秋田県勢で100回大会に、優勝候補を次々と撃破して、夏の主役に躍り出たのが金足農業である。

金足農業は、昭和3年創立の伝統ある公立の強豪校である。

夏の選手権では、1984年に初出場時に四強、95年には8強に進出し、18年夏には準優勝を成し遂げている。

そんな金足農業を指揮するのは、中泉一豊監督である。

続きを読む