「自分に負けるな、負けない自分を作れ」/ 龍谷大平安 原田英彦監督

高校野球だけでなく、何事も目標を達成するためには、毎日の厳しい練習や苦しい努力というものを乗り越えなければならない。

“「自分に負けるな、負けない自分を作れ」/ 龍谷大平安 原田英彦監督” の続きを読む

「中途半端にすると結果は出ない」/ 龍谷大平安 水谷祥平選手

3年ぶりの出場となった2019年のセンバツ大会で、ベスト8入りを果たした、京都府の龍谷大平安高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、積極的な走塁とパンチ力ある打撃で注目されていた、水谷祥平選手である。

“「中途半端にすると結果は出ない」/ 龍谷大平安 水谷祥平選手” の続きを読む

「経験をどのように受け止め、どう生かすかが大切」/ 平安 桧山進次郎選手

1987年の夏の京都府予選で、チームの歴史上2度目となる1回戦敗退となった、平安高校(現・龍谷大平安)

当時、チームの主将を務めていたのは、2年時から攻守の中心選手として活躍していた、桧山進次郎選手である。

“「経験をどのように受け止め、どう生かすかが大切」/ 平安 桧山進次郎選手” の続きを読む

「ごまかしで結果は出ない」/ 龍谷大平安 原田英彦監督

自身の母校、龍谷大平安を指揮している原田英彦監督は、「指導者」や「教育者」という肩書きに加え、「平安ファン」という3つの顔を持ち、「使命」として職務をまっとうしている。

“「ごまかしで結果は出ない」/ 龍谷大平安 原田英彦監督” の続きを読む

「負けてても最後まで投げきるっていうことに自分の思いは詰まっていた」/ 平安 川口知哉選手

1997年の甲子園に春夏連続出場し、夏の選手権では準優勝を成し遂げた、京都府の平安高校(現・龍谷大平安)

当時、チームのエースと4番、更には主将といった大役を務め、準優勝の立役者となったのは、川口知哉選手である。

“「負けてても最後まで投げきるっていうことに自分の思いは詰まっていた」/ 平安 川口知哉選手” の続きを読む

「監督は仕事と思ってないんです、自分の使命やと思ってやってます」/ 龍谷大平安 原田英彦監督

母校であり、現在指揮を執る龍谷大平安を、誰よりも心の底から愛している、原田英彦監督は、監督という職業を「使命」と受け止め、情熱の全てを注ぎ込んでいる。

小学生時代に平安に憧れて以降、毎日のようにグラウンドに練習を見に行き、甲子園出場ともなれば、ラジオ中継を録音するなど、年齢が上がるにつれ、「平安愛」は増していった。

“「監督は仕事と思ってないんです、自分の使命やと思ってやってます」/ 龍谷大平安 原田英彦監督” の続きを読む

「高校野球大会は1回勝負、気持ちの面がものすごく大事」/ 平安 炭谷銀仁朗選手

2005年の夏の京都府大会の準決勝で、優勝候補に挙げられながら、後に甲子園で準優勝を果たす京都外大西に惜敗した、龍谷大平安高校。

当時チームの主将を務めていたのは、高校通算48本塁打を記録していた、炭谷銀仁朗選手である。

“「高校野球大会は1回勝負、気持ちの面がものすごく大事」/ 平安 炭谷銀仁朗選手” の続きを読む

「負けを意味のある負けにしないといけない」/ 龍谷大平安 小寺智也選手

2018年の夏の100回記念大会で、甲子園通算100勝目を劇的なサヨナラで挙げた、京都府の龍谷大平安高校。

当時、エースとして、チームを甲子園に導き、甲子園では投打に渡る活躍で、16強入りに貢献したのが小寺智也選手である。

“「負けを意味のある負けにしないといけない」/ 龍谷大平安 小寺智也選手” の続きを読む

「褒めることだけしていたら、チームはどこかで緩む」/ 龍谷大平安 原田英彦監督

2018年の夏の甲子園の100回大会で史上2校目となる、甲子園通算100勝を挙げた、京都の名門、龍谷大平安高校。

そんな名門を1993年から指揮するのは、OBでもあり、自他共に認める「龍谷大平安ファン」の原田英彦監督である。

“「褒めることだけしていたら、チームはどこかで緩む」/ 龍谷大平安 原田英彦監督” の続きを読む