「やっぱり平安におってよかったなという想いは絶対にさせます」/ 龍谷大平安 原田英彦監督

苦労や困難を乗り越えて、栄光というものを掴み取った時の喜びは、計り知れないものである。

成果を出したという経験は、将来の自分の自信となるだけでなく、辛くしんどい時にも、支えとなってくれる。

しかし、結果を出せなくても、頑張って努力したという事実は残り、無駄になるものではない。

そのため、挑戦者をサポートする立場の人は、結果に結びつけるだけでなく、充実したプロセスを提供する必要がある。

そんな考えから、龍谷大平安を指揮している、原田英彦監督は、入部してくれた選手たちに、成果以外の付加価値も与えるようにしている。

原田監督は、高校野球界を代表する名門の名を汚さないよう、常に強いチームを作ることを目指している。

その一方で、勝つことや上手くなることを目指す過程で、礼儀作法や社会のルールも、きちんと学ばせている。

選手たちにとっては、目先の勝利や上達以上に、優れた人間性を身につけさせた方が、長い目で見た時にプラスになるからだ。

野球をするためだけの学生生活ではなく、将来を見据えた指導で、価値ある時間にして送り出す原田監督に導かれ、選手たちは、次のステージでも輝きを放つ。

龍谷大平安の記事はこちら。

【関連】京都国際の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です