「いかにシンプルに分かりやすく伝えられるかが重要」/ 天理 中村良二監督

人に物事を教える作業というのは、自分がその分野のプロであっても、簡単なものではない。

人はそれぞれ、考え方や価値観、感性などが異なっているため、何かを学ぶ際の解釈や理解も、同じではない。

従って、自分の経験やスタイルをベースにしては、全く伝わらなかったり、伸ばすことができないのだ。

これを防ぐためには、万人に通じる言葉や方法を選ぶとともに、相手の個性を理解して、指導を行うことが必要となる。

そんな事情を踏まえ、天理高校を指揮している、中村良二監督は、シンプルな指導を心がけている。

中村監督は、選手として甲子園制覇を成し遂げ、プロの世界でも活躍した、輝かしい実績がある。

しかし、自分たちで考えて行動することが成長につながるとして、自らの経験談を語ることは、控えている。

そして、 何か課題が見つかった際にも、気づかせ役に徹し、シンプルに問題だけを伝えると、余程の間違いがない限りは、見守るようにして、特徴をつぶさないようにしている。

このように、課題を簡潔に指摘しながらも、克服に向けての方法は、それぞれに委ねることで、選手たちは効率よく成長できるのだろう。

天理高校の記事はこちら。

【関連】智弁学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です