「高校生活は人間の基本と野球の基礎を作るところ」/ 東北 若生正廣監督

高校野球をする人の多くは、全国大会に出場することや日本一になることを目標や理想に掲げるものである。

そのため、日々の練習では勝つことを追求したり、甲子園を想定したメニューに取り組む傾向にある。

しかし、勝利や上達を求めるあまり、僅か3年という高校野球に、人生を捧げたり、何かを犠牲にしてはならない。

選手である前に、一人の高校生として、勉強などの学校生活もキチンとこなし、その一環として、野球に取り組むことが大切である。

そんな考えから、東北高校を指揮していた若生正廣監督は、選手たちの人生を考えて、目先の結果にとらわれず指導をしていた。

若生監督は、東北高校九州国際大付属を、甲子園準優勝へ導いたり、幾人ものプロ野球選手を育て上げていることから、野球の指導力に定評があった。

だが、若生監督は指導者をスタートして以来、人を育てることと野球の基礎を教えることに拘り、結果を出すことを優先していなかった。

もちろん、選手たちの日本一やプロなどの夢に対するサポートやできる限り行っていたが、高校野球の先の人生も見据えて、無理や無茶はさせなかった。

その結果、若生監督の指導を受けた選手たちは、野球人としても、一人の人間としても、周りから愛される人材となり、今日も社会で活躍を続けている。

東北高校の記事はこちら。

【関連】仙台育英の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です