「一生懸命頑張れば、野球の神様はご褒美をくれる」/ 富島 浜田登監督

努力は必ず報われる」という言葉があるように、頑張ったことは結果として現れなくとも、成長や経験値など何かしらの効果をもたらしてくれるものである。

高校野球においても、甲子園全国制覇という夢を叶えられるのは、ほんの僅かな人数しかいないが、一生懸命取り組んだ人間には必ず得られるものがある。

その場では結果が全てのように感じるため、納得や満足感は得られないものではあるが、頑張ったという経験だけでも、その後の人生の支えや自信になる。

そうした考えから、結果以上にプロセスを重視し、無名の公立高校を甲子園へ導いたのは、富島高校を指揮している浜田登監督である。

浜田監督は、富島高校が専用グラウンドがなく、部員も地元の選手たちのみという限られた環境ではあったが、質やレベルを落とすことはせず、練習に取り組ませている。

もちろん、できないことや無茶を強いることはしないが、練習から高いレベルを経験させることで、強豪校相手や大舞台で臆することなくプレーができるようになるため、できる範囲のことはこなさせている。

実力や現状に関係なく、目の前のことに惜しみなくコツコツと取り組む富島の選手たちと浜田監督に、野球の神様が微笑む日は近そうだ。

↓浜田登監督の記事はこちら↓

富島高校の記事はこちら。

【関連】延岡学園の記事はこちら。

【関連】日南学園の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です