「選手はベンチの監督を見ているのだから、まず監督がいつも通りじゃないといけない」/ 敦賀気比 東哲平監督

高校野球では、選手たちがプレーする一方、監督という肩書きを持つ者は、プレーすることがない。

指示を伝えたり、戦略を練ることはできても、言葉やジェスチャー以上のことで、ゲームに参加することはできない。

そのため、どれだけ優れた指揮官がベンチに入っていても、プレーヤーである選手たちが実践できなければ、効果は発揮しない。

それでも、日頃から信頼関係を築いていれば、同じベンチにいることで、プレッシャーを取り除くことはできる。

そんな考えから、敦賀気比を指揮している東哲平監督は、選手たちの心の支えとなることを目指している。

東監督は、選手時代に甲子園に貢献すると、指導者としても、全国制覇へ導いた実績があることから、その技術指導に定評がある。

だが、監督という仕事は、技量を伸ばしたり、鋼の肉体を作り上げることだけではないして、スキルやスペックにばかり目を向けない。

緊張感や重圧のある中で、選手たちがいつも通りのプレーができるように、言葉をかけたり、見守るなど、試合を中心に、メンタルのサポートに力を入れている。

そうすることで、選手たちは持っている力を思う存分発揮でき、チームとしても最高の結果を残せているのだ。

敦賀気比の記事はこちら。

【関連】福井工大福井の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です