「監督の仕事は、選手の力を発揮させるために、いかに楽しく野球をやらせてやれるか」/ 上田西 原公彦監督

県大会では上位進出の常連校としての地位を確立しながらも、創部から約半世紀もの間、甲子園へたどり着けなかった上田西

しかし、悲願の初出場を果たすと、以降は春夏いずれの甲子園でも活躍を見せ、全国レベルの強豪へと成長を遂げた。

そんな上田西を指揮していたのは、軟式野球の指導者として全国大会へ導いた実績のある原公彦監督である。

原監督は、チームを甲子園へ導くために、就任間もない頃は、厳しい指導で徹底的に選手たちを鍛え上げていた。

その結果、就任から僅か半年という短い時間で、学校史上初の甲子園へと導くことに成功したのであった。

だが、厳しい指導には即効性という効果の反面、選手たちを萎縮させたり、思考力を奪ってしまうといったデメリットが存在していたため、全国では通用せずに終わってしまった。

そこで、技術的なミスに対して叱ることをやめ、楽しくのびのびとプレーさせることを意識した。

もちろん高校生であるため、生活態度を正すことや、学校のルールを守ることに関しては、従来通り厳しく指導をした。

その結果、選手たちの持っている力が最大限に発揮され、チームは甲子園で初勝利を挙げることができたのであった。

上田西の記事はこちら。

【関連】佐久長聖の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です