「性格がその人間の運命を決める」/ 東海大菅生 若林弘泰監督

高校野球では、日々の何気ない習慣や癖が試合でのプレーに現れることも多いため、指導者は技術の向上とともに、生活面や人間性の部分を正すことも行う。

しかしながら、選手たちの多くは野球をすることを望んでいるため、野球面以外の指導は難しく、疎かになったり中途半端に終わってしまうことは少なくない。

それでも、妥協することや諦めることなく、選手たちの性格を変えるまでのような指導を行うようなチームでは、必ず野球面で大きな結果が残せている。

東海大菅生を指揮する若林弘泰監督もまた、人間力を鍛えるスタイルで、低迷しつつあったチームを全国トップレベルにまで育て上げている。

若林監督は選手たちの身の回りで起こる、野球でのスランプや環境によるトラブルに対して同情するのではなく、人間性を鍛えるチャンスとして前向きにとるよう促している。

時には簡単には乗り越えられない試練も訪れるが、不満を嘆くのではなく、プラスの要素を見つけられるポジティブな性格を育むよう伝えている。

何事に対しても動じないだけでなく、逆境をチャンスに捉えることができる東海大菅生の選手たちと若林監督は、最高の運命になるのだろう。

↓若林弘泰監督の記事はこちら↓

東海大菅生の記事はこちら。

【関連】早稲田実業の記事はこちら。

【関連】日大三高の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です