「スポーツマンはずるい考えは絶対ダメ」/ 帝京 前田三夫監督

高校野球では、生活指導や人間形成など、教育の部分も大切ではあるが、やはり、選手たちの「勝利」という期待に応えることは、ぶれてはいけないものだろう。

「準備段階から勝負は始まっている」/ 帝京 森本稀哲選手

1998年の夏の甲子園で、ベスト16まで勝ち進んだ、東京都の帝京高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、甲子園での1本を含む、高校通算34本塁打を記録していた、森本稀哲選手である。

「甲子園は自分だけのことじゃない」/ 帝京 吉岡雄ニ選手

1989年の、平成最初の夏の甲子園となった大会で、全国制覇を成し遂げた東東京代表の帝京高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、甲子園での2本を含む高校通算56本塁打を放つなど、打者としても活躍していた、吉岡雄二選手 … “「甲子園は自分だけのことじゃない」/ 帝京 吉岡雄ニ選手” の続きを読む

「環境を楽しむことで、夢に近づける」/ 帝京 伊藤拓郎選手

2009年の夏の甲子園、翌年のセンバツと、2季連続で8強進出を果たした、東の横綱帝京高校。 当時、チームの主力投手として活躍していたのは、甲子園の1年生最速記録更新となる、148キロを記録した、伊藤拓郎選手である。

「皆に拍手される野球をやろう」/ 帝京 前田三夫監督

当時無名であった帝京を「東の横綱」と称されるまでに育て上げた名将、前田三夫監督。 甲子園で3度の全国制覇に、50を超える勝ち星を挙げ、プロ野球にも多数の選手を送り込んでいることから、名指導者として認知されているが、就任当 … “「皆に拍手される野球をやろう」/ 帝京 前田三夫監督” の続きを読む

「練習は量をやりながら質も求めることが大事」/ 帝京 中村晃選手

2007年のセンバツ大会で4強、夏の甲子園では8強に進出した東の横綱、帝京高校。 当時チームの主将を務めていたのは、高校通算60本塁打を記録し、大会屈指のスラッガーとして注目を集めていた、中村晃選手である。

「私生活が野球につながると思います」/ 帝京 原口文仁選手

2009年の夏の甲子園で、ベスト8まで勝ち進んだ東東京の帝京高校。 当時チームの正捕手として甲子園に出場し、複数投手を好リードで引っ張り、打っては3試合で3割8分5厘の高打率を残すなど、投打に渡る活躍を見せていたのが、原 … “「私生活が野球につながると思います」/ 帝京 原口文仁選手” の続きを読む

「野球の魅力は1球で良いようにも悪いようにも全てが変わるところ」/ 帝京 杉谷拳士選手

2008年に、夏の東東京大会3連覇を期待されながらも、4回戦で涙をのんだ帝京高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、名門で入学後すぐからレギュラーとして活躍し、春夏3度の甲子園出場を記録し、3年夏の東東京大会では選手 … “「野球の魅力は1球で良いようにも悪いようにも全てが変わるところ」/ 帝京 杉谷拳士選手” の続きを読む

「監督が勝負にこだわらなかったら、頑張ってる選手に失礼」/ 帝京 前田三夫監督

春夏合わせて3度の全国制覇を成し遂げていることから、「東の横綱」と称されることもある、東京の名門、帝京高校。 チームを1972年のから率いているのは、甲子園で通算3度の優勝へとチームを導き、50を超える勝ち星を挙げている … “「監督が勝負にこだわらなかったら、頑張ってる選手に失礼」/ 帝京 前田三夫監督” の続きを読む