「選手だけを鍛えるのではなく、自分自身も鍛えないといけない」/ 帝京 前田三夫監督

スポーツというものは、コーチや監督などの指導者がどれだけ優れていても、プレーをするのが選手たちにも力がなければ結果は残せない。

しかし、選手たちだけを鍛え上げるだけでは、成長には限度があるため、指導者も自らも学んだり鍛錬に励み、カバーやサポートできる力を養う必要がある。

そうした考えから、輝かしい実績や長年の経験に頼らず、日々努力と勉強を積み重ねているのは、帝京高校を指揮している前田三夫監督である。

前田監督は、就任当初から誰にも負けない情熱を持ち、チームを育て上げたことで、甲子園常連の強豪校という地位を築くも、全国の舞台では苦戦を強いられていた。

特に、全国トップレベルのチームとの試合では、選手たちの力の差ではなく、指導者の力量の差で負けることが多く、自らの努力が課題となった。

野球に対する気持ちは強かったものの、教育者や指導者としては、他チームの指導者に劣るとして、苦手としていた教壇に立つことや学校行事にも取り組み、視野を広げたり経験値を増やす努力を重ねていった。

春夏合わせて3度の全国制覇に還暦を超え、名将と称されてもなお、学ぶ姿勢を持ち続け、選手たち以上努力汗を流す前田監督のスタイルは、多くの指導者の目標となっている。

↓前田三夫監督の記事はこちら↓

帝京高校の記事はこちら。

【関連】関東一高の記事はこちら。

【関連】二松学舎大付属の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です