「スポーツはみんなで助け合い、苦しい時も頑張るのが一つの美徳」/ 帝京 前田三夫監督

全国常連となるだけでなく、甲子園でも上位進出を続けていることから、「東の横綱」とも称される帝京高校。

春夏合わせて3度の全国制覇に、球界を代表する選手を輩出し続けているなど、その知名度と強さは、高校野球界トップクラスである。

そんな帝京高校の野球部の基礎から作りあげたのは、甲子園通算51勝を記録している、前田三夫監督である。

前田監督は、食事やトレーニングを重視し、体づくりを徹底させ、選手を高校生離れたした体格へと育てることを得意としていた。

そのため、周囲からは、強いチームとしてではなく、個人技のチームとして認識されていることが多かった。

だが、個々がどれだけ高いレベルであっても、全員で力を合わせなければ全国では勝てないという持論から、チーム力もつけさせていた。

個人の課題であっても、仲間同士で助け合ったり支え合うことを求めるなど、グラウンドの内外に関係なく、全員野球を意識させていた。

その結果、監督の指示が届かない大舞台の苦しい場面でも、お互いにフォローし合うことができ、チームは勝利を掴めていたのであった。

強い個人へ成長すると同時に、チーム力も高めさせる前田監督の教えは、帝京高校の伝統として、これからも受け継がれていく。

帝京高校の記事はこちら。

【関連】関東一高の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です