「背番号1とは、どんな場面でもマウンドに上がって先頭に立ち、チームを支える責任が伴う重い数字」/ 札幌第一 野島丈選手

3度目の出場となった2019年のセンバツで、学校史上初の春の甲子園勝利を目指し戦った、北海道の札幌第一高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、手元で伸びる力強い速球と切れ味鋭い変化球を武器としていた、野島丈選手であ … “「背番号1とは、どんな場面でもマウンドに上がって先頭に立ち、チームを支える責任が伴う重い数字」/ 札幌第一 野島丈選手” の続きを読む

「練習の選択肢は選手が自分で選択してやっていくべきだと思う」/ 東北 ダルビッシュ有選手

2004年の甲子園に春夏連続出場し、センバツでは8強、選手権では16強まで勝ち進んだ宮城県の東北高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、前年夏の甲子園で2年生ながら中心投手として準優勝へ導いたことで、注目を集めてい … “「練習の選択肢は選手が自分で選択してやっていくべきだと思う」/ 東北 ダルビッシュ有選手” の続きを読む

「根拠のない1球はいらない」/ 東福岡 下野輝章監督

低迷期を迎えたチームは、いち早い復活を目指すがために、結果を急いでしまうことが多く、根本となる土台を築けずに、一時的な成果しか得られず、抜け出せないケースがある。 そんな、悪循環を作らないように、土台と道標を明確にしなが … “「根拠のない1球はいらない」/ 東福岡 下野輝章監督” の続きを読む

「人と同じことをしていては、人と同じ成長しかしない」/ 沖縄水産 新垣渚選手

1997年の神宮大会で準優勝を成し遂げ、翌年の甲子園に春夏連続で出場を果たした、沖縄水産高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、最速151キロの速球で全国から注目を集めていた、新垣渚選手である。

「技術も大事だが、それよりも自信をつけさせる」/ 高知商業 上田修身監督

高校野球では、時に、気持ちの強さが技術を上回り、思いがけないようなドラマを作ったり、歴史に残るような大逆転劇を演じることがある。 高知商業を指揮している上田修身監督もまた、技術指導以上に、気持ちの部分を重視した指導で、低 … “「技術も大事だが、それよりも自信をつけさせる」/ 高知商業 上田修身監督” の続きを読む

「自分の経験を語れる人間になってほしい」/ 神戸国際大付 青木尚龍監督

野球の技術だけでなく、教育の一環であることから、人間性や生活態度、マナーなども重視される高校野球界において、その両方を急速に成長させ、近年力をつけているのが、神戸国際大付属高校である。 そんな神戸国際大付属の成長の裏には … “「自分の経験を語れる人間になってほしい」/ 神戸国際大付 青木尚龍監督” の続きを読む

「苦しい戦いを勝ってこそ連覇が見えてくる」/ 横浜 松坂大輔選手

1997年の新チーム結成後、神宮大会、センバツ、選手権、国体と、史上初の4冠を成し遂げ、公式戦1年間負けなしという記録を作った、横浜高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、夏の甲子園の決勝戦でノーヒットノーランを達 … “「苦しい戦いを勝ってこそ連覇が見えてくる」/ 横浜 松坂大輔選手” の続きを読む

「『5打席連続敬遠された』という事実にふさわしい打者に成長しよう」/ 星稜 松井秀喜選手

1992年の甲子園に、春夏連続出場を果たし、センバツでは8強に進出した、石川県の星稜高校。 当時、チームの主軸を務めていたのは、甲子園での4本を含む、高校通算60本塁打を記録していた、松井秀喜選手である。

「失敗してダメになった人より、成功してダメになった人の方が多い」/ 高松商業 長尾健司監督

2015年の神宮大会優勝に、翌年のセンバツ準優勝など、20年以上甲子園から遠ざかり低迷していた名門、高松商業を復活へ導いた、長尾健司監督。 中学野球の指導者時代にも、平日の練習時間1時間という限られた環境で県大会優勝へ導 … “「失敗してダメになった人より、成功してダメになった人の方が多い」/ 高松商業 長尾健司監督” の続きを読む