「勢いや偶然の勝ちではなく、必然の勝ちを求めることに価値がある」/ 仙台育英 須江航監督

高校野球では毎年、甲子園だけでなく地方大会から、伝説や名勝負などと称されるようなドラチックな試合がいくつも繰り広げられている。

こうした試合が起こる原因には、応援が作り出す独特の雰囲気が影響していたり、大会途中でチームが成長して勢いづいている場合など様々である。

だが、雰囲気や勢いにばかり頼るような戦い方では、高いレベルの相手には通用しないことに加え、基礎力がなければ実力以上のものが発揮されても不発に終わってしまうケースも多い。

そうした考えから、仙台育英を指揮している須江航監督は、基礎力を向上させ、運に恵まれない状況でも負けないようなチーム作りを行っている。

仙台育英には、甲子園でのいくつものミラクルゲームに代表されるように、雰囲気や勢いで勝ち上がるスタイルが伝統として受け継がれている。

その一方で、安定感に欠ける部分もあったため、須江監督は就任当初から、根拠となる自信や力を身につけさせることに力を入れる方針もプラスした。

その結果、運や流れが悪い状態でも冷静な野球ができるようになったことに加え、選手たちが自身やチームの力を過信することもなくなり、更なる強さを発揮するようになった。

伝統の雰囲気作りや勢いをつけることを継承しながらも、基礎力を向上させる須江監督が目指す、負けないチームが完成する日は決して遠くはないだろう。

↓須江航監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「勢いや偶然の勝ちではなく、必然の勝ちを求めることに価値がある」/ 仙台育英 須江航監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です