「正しいと思う行動を選択し、振り返って修正していく作業を繰り返すことで自立と成長につながる」/ 智弁和歌山 中谷仁監督

人は誰しも、誰かに指示されたことは、時間や労力を費やせば、ある程度の範囲であれば、成し遂げることができる。

忠実に相手の意見を聞き入れ、達成するために必要な力を、努力によって身につけてれば、それなりの成果が得られるからだ。

しかし、誰かの指示を待っているだけでは、指示待ちの人間となってしまい、自立することもなければ、成長することもない。

そのため、ある一定のレベルを超えると、自分自身で課題や目標を見つけ、それを克服したり達成するために、考えて動かなければならない。

そんな考えから、智弁和歌山を指揮している、中谷仁監督は、教えない教えというスタイルを確立している。

智弁和歌山には、平成の甲子園で最も勝ち星を挙げた名将、高嶋仁前監督が作り上げた、勝つための野球があり、それを継承することが、強さの秘訣とされていた。

だが、どれだけ優れた戦術や育成術を持っていても、選手たちが、やらされているだけでは伸びないとして、中谷監督は、敢えて指示や指導は控えた。

間違いがある場合にも、正しい方向へ転換できるよう、アドバイスはヒントを与える程度にとどめ、自分で考える癖をつけさせた。

その結果、選手たちは人間的にも成長し、チームは、全国制覇を成し遂げることにも、成功したのであった。  

智弁和歌山の記事はこちら。

【関連】市立和歌山の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です