「強制するよりも、本人に考えさせることが大事」/ 筑陽学園 江口祐司監督

高校野球では、甲子園で結果を出したり、多くのスター選手を育てている指導者を慕い、進学を決める選手も多い。

しかし、どれだけ優れた育成力のある指導者であっても、当人が受け身の状態では、伸ばすのに限度がある。

指導者任せや他力本願ではなく、選手自身が主体となって取り組まなければ、根本的な成長に繋がらないからだ。

そんな考えから、筑陽学園を指揮している江口祐司監督は、一方通行にならないような指導を心がけている。

江口監督は、指導者として全国制覇を経験したり、プロ野球選手を育てた実績を持つ。

そのため、江口監督の教えを受けて、甲子園やプロの世界を目指そうとする中学生が、入部してくることも少なくない。

だが、手取り足取り教えていては、成長に限度があり、選手たちのためにもならないとして、自立するよう促している。

もちろん、高校生ゆえに発展途上である選手たちを、野放しにしたり放任することはしないが、技術指導においては、考えさせる時間を確保し、アドバイスは最小限に留めている。

その結果、身体やスキルと同時に心も成長でき、上手いだけでなく強い選手へと、進化を遂げられるのである。

筑陽学園の記事はこちら。

【関連】東筑高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です