「軽々しく甲子園へ行きたいと言うべきではない」/ 英明 香川智彦監督

球児たちの多くが一度は夢に見る場所、聖地甲子園へ出場を果たすには、5度しか与えられていないチャンスを掴まなければならないといった、過酷なものである。

また、甲子園の予選以前にも、自チームのレギュラー争いに勝たなければ、例え出場を果たしても、憧れの地でのプレーは叶わないことになる。

しかし、そんな貴重で遠い存在の場所だからこそ、挑戦する価値があり、出場を果たした際にはかけがえのない感動というものが味わえるのである。

そんな考えから英明を指揮していた香川智彦監督は、甲子園に対して敬意を払い、選手たちには中途半端な気持ちで目指さないよう促していた。

香川監督は他校で甲子園出場へ導いた実績があり、英明を強豪へと育て上げていたことから、部員の中には、指導者頼みで甲子園を目指す選手もいた。

そのため香川監督は、甲子園へ出場する難しさや厳しさを伝え、どんな一球にも全力を尽くし、毎日の努力を疎かにしないよう、甘さや弱さといったものを排除していた。

もちろん、自信を持ち夢を追いかけてくる選手たちのやる気を奪うようなことはしなかったが、過信や傲慢な姿勢が見られた場合には、細かく注意していた。

甲子園をリスペクトし、現状に満足することなく、全ての練習に真剣に取り組む香川監督のスタイルを継承し、英明高校はこれからも躍進を続ける。

↓香川智彦監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「軽々しく甲子園へ行きたいと言うべきではない」/ 英明 香川智彦監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です