「勝ちたいために信念を変えたら、その勝負に勝っても選手の信頼を失います」/ 英明 香川智彦監督

限られた練習環境に不満を嘆くのではなく、工夫を凝らして結果を残す英明高校を指揮していた、香川智彦監督

高校野球を教育の一環と考え、選手たちを人として成長させることをモットーとした指導法には、定評がある。

だが、指導者生活をスタートさせた頃は、周囲から勝利至上主義と称させるほど、勝つことにこだわっていた。

かつて指揮していたチームでは、周囲から結果を求められていたことに加え、専用グラウンドの整備や高いレベルの選手を揃えるなど、環境を整えてもらっていたからだ。

しかし、自らの勝ちたいという欲望のためだけで指導を続けつた結果、選手たちと信頼関係を築けず、甲子園にもたどり着けなかった。

そこで以降は、勝つこと以外の大切なことを教える必要があると考え、人間教育にも力を入れた。

中でも、練習環境が限られている英明高校での指導では、選手たちにどんな状況でも工夫を凝らせば結果が出ることを伝えた。

また、選手たちとの信頼関係を重視し、任せた上での失敗には叱るのではなく、責任を持つようにして背中を押し続けた。

野球を通してベストを尽くす方法や、信頼の大切さなどを伝えたことによって、英明高校は創部5年という早さで、甲子園出場を果たしたのであった。

↓香川智彦監督の記事はこちら↓

英明高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です