「できることはいくらでもある」/ 早鞆 大越基監督

かつて夏の甲子園で準優勝を果たすも、長期間低迷が続いていた、山口県の早鞆高校。

そんなチームを再建し、県や地区の上位進出常連校にまで復活させ、甲子園出場にも導いたのは、大越基監督である。

大越監督は、高校時代に甲子園準優勝を経験していることに加え、プロの世界で活躍した実績もある。

そのため、就任当初からチームの復活を期待する声が少なくなかった。

しかし、野球だけを教えては、教育の一環である高校野球の趣旨に反するとして、技術以外の指導からスタートした。

グラウンドや道具の整備をキチンとこなすことや、チームのルールを徹底することなど、妥協を許すことなく行った。

その一方で、技術面の指導は、全体練習のメニューや戦略の方向性などは決めるものの、練習方法や時間などは、一切選手たちに委ねている。

自分たちでできることを考えて、課題や困難を乗り越えてこそ、本物の力が身に付くという持論からである。

土台となる人間性を育て上げ、野球を通して考える力も養わせる大越監督率いる早鞆高校から、今後も目が離せない。

↓大越基監督の記事はこちら↓

早鞆高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です