「万が一ではなく、一が一と思え」/ 弘前学院聖愛 原田 一範監督

野球というスポーツは、ランナーの位置やアウトカウントなどによって、シチュエーションが異なり、それらの数は計り知れないほど存在している。

そのため、一試合に一度起きるか起きないかのような珍しいケースのプレーについては、時間や労力の無駄になるため、練習しないチームが多い。

しかし、低い確率のプレーが起こった際に、うまく活かせるかミスをしてしまうかによって、勝敗は大きく左右するため、高いレベルを目指すのであれば、練習しておく必要がある。

そんな考えから、弘前学院聖愛を指揮する原田一範監督は、練習で経験する場面の全てを学ぶようにさせ、試合で生かすように伝えている。

中でも原田監督がこだわっているのは、守備におけるカバーリングや打者が一塁まで全力疾走すること、攻守交替をスピーディーに行うことなどである。

これらは、一見直接影響がなく、ミスが起きなければ必要がなく無駄になってしまうようなものも多いが、そうした万が一のような小さなことを追求することが勝利に繋がるとして徹底している。

後悔の可能性をゼロに近づける努力を続ける原田監督弘前学院聖愛の選手たちは、悲願の全国制覇を目指し、今日も一球一瞬に全力を注いでいる。

↓原田一範監督の記事はこちら↓

弘前学院聖愛の記事はこちら。

【関連】八戸学院光星の記事はこちら。

【関連】青森山田の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です