「みんなと同じようにやっているだけでは駄目」/ 常総学院 島田直也監督

努力というものは、自分を成長させてくれる効果に加え、成果にも結びつく可能性を高めてくれる。

しかし、誰もがしているような、普通の努力に取り組んでいるだけでは、大きな成果を出すことはできない。

人並みの状態では、努力量でライバルと差別化することができず、互角程度の結果にしかならないからだ。

そのため、努力をするにあっては、周りよりも圧倒的な質や量のものを、こなさなければならない。

そんな考えから、常総学院を指揮している島田直也監督は、努力の段階から、他者や他校に負けないように伝えている。

島田監督は、選手として、甲子園準優勝やプロの世界を経験しており、人一倍の努力が結果に繋がることを、身を持って学んできた。

甲子園や日本一、プロ野球を夢見る教え子たちにも、大きな目標であればあるほど、誰にも負けない努力が必要になることを教え、その背中を押している。

もちろん、受け身で自分の意思のない、やらされている努力では、無駄になるとして、強制することはしない。

人より良い結果のために、人より険しい道のりを歩むからこそ、常総学院の選手たちは、成果を出せるのだろう。

常総学院の記事はこちら。

【関連】土浦日大の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です