「『裏方』という言葉が嫌いで、選手は全員主役と思っています」/ 國學院久我山 尾崎直輝監督

高校野球では、ベンチに入ることが許される人数に制限があるため、チーム内での熾烈なメンバー争いがある。

実力主義を掲げるチームでは、学年に関係なく、技術の高い選手が評価されるため、2年半、努力に汗を流してきた3年生が、メンバーに選ばれないケースもある。

しかし、メンバーに入ることが、高校野球の全てでもなければ、メンバーに入れなかったことが恥ずかしいことではない。  

また、レギュラーや控えに関係なく、一人ひとりが主役であり、チームが勝つためには、必要のない選手など存在しないのである。

そんな考えから、國學院久我山を指揮している尾崎直輝監督は、全員主役の全員野球を目指している。

尾崎監督は、個人の力では足りない部分を、仲間同士で補い合うことで、強いチームになるとして、一人ひとりが力を発揮できるような役割を与えている。

もちろん、全員を試合に出すことはできないが、ゲームでプレーする者を支える役割も、立派なチームの主戦力であるとして、「裏方」と考えることはしない。

そして自らも、選手たちに混じって、時にチームを支え、時にチームを引っ張り、その役割でベストを尽くしている。

こうした尾崎監督のスタイルが、実力以上のものを引き出すことに成功し、センバツ大会での4強進出など、数々の好成績に繋がっているのだ。

國學院久我山の記事はこちら。

【関連】早稲田実業の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です