「しんどいと思った時に、野球が出来ることに感謝できたらそこからさらに頑張れる」/ 開星 野々村直通監督

人生では、頑張っている時に、辛いことや苦しいことに遭遇すると、悲しさや惨めさを感じる。

そうした気持ちが続くと、しんどさのあまり、挑戦することを諦めてしまったり、逃げ出してしまう。

しかし、苦労や困難は、成功や成長の通り道であり、もう少しだけ踏ん張ることができれば、喜びに出会える。

辛い時や苦しい時にこそ、自分の置かれた環境に対して、不満ではなく、感謝を持てれば、モチベーションとなる。

そんな考えから、開星高校を指揮している野々村直通監督は、野球ができることに、感謝してプレーすることを求めている。

開星高校は、専用のグラウンドや寮などが完備されているなど、野球に専念できる環境が整っている。

一方で、世間には、歴史的背景や家庭の事情などにより、野球がしたくてもできなかった人もいることから、野々村監督は、選手たちがいかに恵まれているかを説いている。

そのため、野球をする中での悩みは、幸せなことであるとして、選手たちの背中を押し続けている。

感謝をエネルギーに変え、どんな状態でも前に進むことをやめない開星の選手たちから、今後も目が離せない。

開星高校の記事はこちら。

【関連】石見智翠館の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です