「甲子園を人生のクライマックスにしないでほしい」/ 慶應義塾 森林貴彦監督

高校球児や野球少年たちだけでなく、指導者や保護者など高校野球に関わる全ての人にとっての憧れの舞台、甲子園。

その魅力に取りつかれて、現役を引退しても、指導者として挑んだり、親となって我が子に夢を託したりする人は多い。

だが、甲子園へ挑戦する選手たちにとっては、ゴールでもはなく、あくまでも人生の過程の一部である。

甲子園を目指す上で、努力の大切さを学んだり、仲間と支え合うことの素晴らしさを知ることこそが、出場したり優勝すること以上に価値がある。

そんな考えから、甲子園にこだわるのではなく、選手たちを成長させることを指導のモットーとしているのは、慶應義塾を指揮する森林貴彦監督である。

慶應義塾は、高校野球界を代表する伝統校であるため、OBやファンからは、常に甲子園が期待されている。

しかし、甲子園にとらわれすぎると、選手たちは、出場や目指すことに満足してしまう、燃え尽き症候群になってしまうため、森林監督は、目標の一つとして認識させている。

もちろん、選手たちが勝つために、最大限のフォローやバックアップは行うが、甲子園から逆算するのではなく、その後の人生も見据えて指導を行っている。

甲子園至上主義からの脱却を促し、人間的成長させる森林監督は、これからも選手たちを、人生の勝利へと導く。

慶應義塾の記事はこちら。

【関連】桐光学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です