「指導にとって大事なのは我慢」/ 二松学舎大付 市原勝人監督

指導者という仕事は、年月を重ねれば重ねるほど、様々な体験から、あらゆる引出しを持つようになる。

そのため、人それぞれに適したアプローチで、上手く成長に導けたり、上達の速度をアップさせることもできるようになる。

その一方で、どれだけキャリアを積んでも、教える相手は、一人として同じ人はないため、過去の経験が役に立たないこともある。

だが、その際にも自身の価値観を押しつけたり、型に嵌めるのではなく、辛抱強く見守ることも必要である。

そんな考えから、二松学舎大付属を指揮している市原勝人監督は、指導する上で「我慢」を大切にしている。

市原監督は、選手時代に、学校史上最高の成績を残していることに加え、指導者としても、幾多も甲子園へチームを導いている。

しかし、自らの過去と、今の目の前にいる選手たちは異なるとして、何かを強制することはしない。

もちろん、自分勝手やわがままを許すことはしないが、無理矢理指導者の言いなりにしても、本物の力はつかないとして、主役の選手たちを尊重し、極力口は挟まないようにしている。

一流のキャリアを持ちながらも、それを物差しにせず、目の前の選手たちの力を最大限に引き出す市原監督から、今後も目が離せない。

二松学舎大付属の記事はこちら。

【関連】帝京高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です