「失敗の原因を自分で考え、理解することで、同じ失敗を繰り返さないようになるんです」/ 慶應義塾 森林貴彦監督

130年を超えるチームの歴史に加え、全国制覇を成し遂げた実績もある、高校野球界を代表する伝統校、慶應義塾

常に激戦区の神奈川において、上位進出を続けていたことから、全国レベルの強豪として認識されている。

そんな慶應義塾を指揮しているのは、伝統を継承するだけでなく、新たなスタイルの確立も目指している、森林貴彦監督である。

森林監督が就任した当時のチームは、甲子園から遠ざかっていたものの、決して低迷している状態ではなかった。

そこで、新たに何かを身につけさせるのではなく、選手たちが持っている力を引き出すことや、発揮しやすい環境作りに力を入れた。

長い年月によって形成された伝統についても、理不尽なものや無意味なものは排除し、野球を楽しめるような状況を整備した。

また、仲間同士で高めあったり、学生コーチからのアドバイスで力をつけていく、チームのスタンスも継承しつつ、自分で考えたり工夫することも求めるようにした。

これは、助け合いや支え合いに依存しすぎると、自己解決能力が育たず、同じ失敗を繰り返したり、本物の力が成長しないという、持論からである。

伝統の重圧にも屈することなく、目の前の選手たちに向き合い、変化を恐れない森林監督慶應義塾から、今後も目が離せない。

慶應義塾の記事はこちら。

【関連】桐光学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です