「監督と思われなくてもいい、彼らとともに戦うチームメイトでいよう」/ 國學院久我山 尾崎直輝監督

高校野球の指導者の年齢層というものは、他競技にもまして幅が広く、選手たちの兄のような存在の人もいれば、中には還暦を超え祖父のような存在の人もいる。

もっとも、歳の差によって選手たちとの相性の善し悪しが異なることもなければ、理解してもらうスピードや指導のスムーズさがあるといったことはない。

年齢に関係なく、お互いの信頼関係がなければ、どれだけベテランで名将と称されるような指導者でも、成果を出すことや選手たちを伸ばすことはできないものである。

そうした考えから、監督という枠組みに縛られることなく、チームメイトの一人として選手たちに接するスタイルで指導を行っているのは、國學院久我山を指揮する尾崎直輝監督である。

尾崎監督は、高校野球では指導者の顔色を気にして、思い切り挑戦できていない選手や失敗を恐れている選手が多いという見解から、必要以上に指導者として振る舞わず、一人の選手のような立場を貫いている。

そのため、時間を見つけては選手たちと同じ練習メニューで汗を流し、時には談笑に参加したり冗談を言い合うなど、チームメイトとして馴染んでいる。

そんな指導者と選手の間に存在していた垣根を壊し、新しい指導を確立し、國學院久我山史上初の甲子園勝利へも導いた尾崎監督から、今後も目が離せない。

↓井口資仁選手の記事はこちら↓

國學院久我山の記事はこちら。

【関連】早稲田実業の記事はこちら。

【関連】國學院栃木の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です