「練習時間は3時間しかないですけど、1日は24時間ある」/ 國學院久我山 尾崎直輝監督

世の中では、同じゴールを目指すライバルであっても、スタートラインが異なれば、与えられた環境や乗り越えなければならない試練の数も違い、全てにおいて平等ということはない。

そのため、思うような結果が得られなかったり、ライバルに負けた際には、相手の恵まれている状況を羨んだり、自身の不都合さを言い訳にしてしまう。

しかし、一見不利に見えたり過酷に感じることを嘆くのではなく、見方を変えてできる限りの努力を続ければ、自信や強みという武器が得られ、成果を残すことはできる。

そんな考えから、國學院久我山を指揮している尾崎直輝監督は、与えられた条件をハンデではなく強みとして捉えるよう伝え、指導を行っている。

國學院久我山は、激戦の東京において上位進出の常連であることに加え、春夏の甲子園出場経験もあるため、強豪校として認識されていることが多い。

だが、学校の学業との両立を掲げる方針があるため、授業が優先されることも多く、日々の練習時間は3時間程度しかなく、決して野球だけに専念できる環境ではない。

それでも尾崎監督は、チームの全体練習が3時間であることは、帰宅後や早朝などの残りの時間を個人練習に使えるとして、プラスに考えるように促している。

変わることのない事象を逃げ口上にするのではなく、その環境だからこそ得られる強みを見つけ出し戦うからこそ、國學院久我山は数々の結果を残せるのだろう。

↓尾崎直輝監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です