「結果を出すことは大事だが、結果にとらわれすぎてはいけない」/ 興南 我喜屋優監督

社会では、結果ばかりが脚光を浴び、それを出すまでの過程が注目されることは、ほとんどない。

そのため、多くの人は、成果を残すことを賞賛し、プロセスについては評価の対象とはならない。

だが、結果が出すことにとらわれすぎて、過程を疎かにしていては、成長することもなければ、成果も出なくなっていく。

一方で、例え失敗に終わったとしても、プロセスが充実していれば、次なるステージで、必ず花開くことができる。

そんな考えから、興南高校を指揮している、我喜屋優監督は、結果にとらわれないスタイルで、選手たちに接している。

我喜屋監督は、就任から、僅か3年程で、春夏連覇の偉業を達成するなど、指導者として、数々の好成績を残し続けている。

しかし、指導者生活をスタートしてから一度も、結果を出すことを求めず、試合で敗れた際にも、責めたり叱責することはない。

何より過程を重視し、懸命に努力に励むことはもちろん、礼儀作法を身につけたり、思考力を育てることなど、野球人としてでだけでなく、人として成長させることを目指しているのだ。

高校野球界を代表する名将ながらも、教育者としての考えを忘れない我喜屋監督に導かれ、興南は、野球と人生の勝利を目指す。

興南高校の記事はこちら。

【関連】沖縄尚学の記事はこちら

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です