「一生懸命やったミスを怒るのは、いじめと同じ」/ 前橋育英 荒井直樹監督

どんなに優秀な人であっても、生きていれば、ミスの一つや二つはしてしまうものである。

そのミスの多くには、悪意はなく、懸命に励んだ結果に生じてしまうものや、ベストを尽くしての失敗もある。

しかし、そのミスへの過程が知られることはなく、世間では、結果だけを見て、優劣をつけられる。

そのため、リスクのある場面や、難しいことに対して、挑戦することをやめたり、諦めてしまうようになる。

こうした状況を踏まえ、ミスに対して、怒らないスタイルを確立しているのは、前橋育英を指揮している、荒井直樹監督である。

荒井監督は、就任当初、ミスのない完璧なチームを目指すことも考え、僅かな失敗にも、厳しい言葉で、

だが、そうすることで、失敗を恐れた選手たちが消極的になってしまうデメリットを考慮し、怒らないようにしている。

もちろん、自分勝手なプレーや、ボーンヘッドなどには、指摘をするが、必要以上に怒ることはしない。

その結果、選手たちの力が思う存分に発揮され、チームは全国制覇を筆頭に、数々の結果を残せるようになった。

前橋育英の記事はこちら。

【関連】健大高崎の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です