「受け身になったら負ける」/ 広陵 中井哲之監督

長い歴史によって生まれた、伝統を継承するだけでなく、毎年進化させ続けている広陵高校。

そんなチームの強さの秘訣は、選手たちだけでなく、指導者も含めた徹底した、チャレンジャー精神にある。

広陵高校は、3度のセンバツ大会優勝を筆頭に、記録にも記憶にも残る結果を残し続けている。

また、球史に名を刻むようなプロ野球選手を、幾人も輩出している実績もあり、高校野球界を代表する名門としてのポジションを確立している。

しかし、チームを指揮する中井哲之監督は、過去の成績に過信したり、現状に満足することなく、更なる成長を目指している。

そのために、選手たちには、常に謙虚な姿勢を持つことや感謝することを意識させ、油断や隙が生まれないようにしている。

また、自らを含めた指導者にも、結果を出したことによって安心しては、進化が止まってしまうとして、挑戦者の気持ちを持つことを心がけさせている。

こうすることで、どんな相手との試合にも、受けて立ってしまうことがなく、隙のない試合運びができるのである。

チャレンジャー精神を忘れない中井監督の指導によって、広陵高校の伝統は、より素晴らしいものへと進化を続ける。

広陵高校の記事はこちら。

【関連】広島新庄の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です