「高校野球をどう終わるかが大事」/ 明桜 輿石重弘監督

「終わりよければすべてよし」という言葉があるように、どれだけ良いスタートや素晴らしいプロセスを過ごしても、最後が悪ければ台無しになってしまう。

そのため、掲げていた目標を達成できなかったり、失敗で終わってしまうことがダメであると考えて、自分を否定してしまう人は多い。

しかし、目指していた場所に到達できななかったり、世間や他人が認める結果でなくとも、自身や仲間が納得できるものであれば問題はなく、充分に立派な最後といえる。

そんな考えから、明桜高校を指揮している輿石重弘監督は、試合の勝敗以上に、どのように選手たちの高校野球を終えさせるかを重視している。

輿石監督は、甲子園や全国制覇に憧れて入学してくる選手たちの夢を叶えるために、技術や身体作りなどの指導に、寝食を共にしながら行っている。

だが、高校野球は3年という限られた時間しかなく、その後の長い人生に上手く繋げるためにも、夢を叶えるだけでなく、やりきることを強く求めている。

そして、例え成果を手に入れることができなくとも、それまでに培った力や学んだことを全て出し切り、悔いなく終わりを迎えるよう促している。

高校野球に全力で取り組ませて、次のステージの自信や誇りになるように、終わり方にも気を配り指導を続ける輿石監督から、今後も目が離せない。

↓輿石重弘監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です