「一人ひとりの子どもに目線を合わせる気持ちが大切」/ 箕島 尾藤公監督

100年を超える高校野球史において、春夏連覇を成し遂げている唯一の公立高校である、和歌山県の箕島高校。

1970年代の黄金期を中心に、甲子園で繰り広げた幾多もの名勝負や激闘は、多くのファンに語り継がれている。

そんな箕島高校を指揮していたのは、「尾藤スマイル」の代名詞とともにその名を全国に広めた、尾藤公監督である。

尾藤監督が就任当時のスポーツ界では、スパルタ指導が当たり前であったこともあり、厳しい練習で徹底的に鍛え上げていた。

時には行き過ぎた指導で、生徒にボイコットされたり、周囲から批判されることもあり、時間とともに、指導方針を見直しも行ったが、勝利を目指す以上、厳しさは持ち続けていた。

その一方で、例えどれだけ叱っても、見下したりバカにすることはせず、選手たちの目線を大切にしていた。

一人ひとりの能力や考え方を把握することに努め、信頼関係を築いたり愛情を持った上で、厳しい指導を行っていたのだ。

その結果、選手たちは、厳しい尾藤監督の教えを最大限に吸収することができ、日々成長を遂げると、甲子園でも数々の好成績を残せたのであった。

高校野球の指導者の手本として、全国の監督からリスペクトされる尾藤監督は、これからも球史に刻んだ歴史とともに、語り継がれていく。

箕島高校の記事はこちら。

【関連】市立和歌山の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です