「『できて当然』という考えはプレッシャーを誘発し、普段の動きをできなくなる原因にもなります」/ 作新学院 小針崇宏監督

高校野球史上初の春夏連覇を達成するなど、伝統と実績を残している栃木県の作新学院高校。

幾人ものスター選手や球史に名を残す名プレーヤーを輩出していることから、名門として認識されている。

そんな作新学院の指揮を23歳という若さで任されたのは、選手時代に甲子園出場を経験している、OBの小針崇宏監督である。

小針監督が就任した当時のチームは、夏の甲子園からは30年近く通さがっていたものの、決して低迷している状態ではなかった。

しかし、全国制覇の実績のある名門としては、物足りない成績であったことから、周囲からは、日本一を求める声も少なくなかった。

そうしたプレッシャーのある中での就任も、選手たちには野球に専念させることを優先し、重圧をかけないようにしていた。

もちろん、メンタルを鍛えることには力を入れたが、練習で無闇に追い込んだり、試合での過度な期待はせず、のびのびとプレーさせた。

その結果、夏の地方予選での10連覇や、54年ぶりの日本一を達成するなど、チームの歴史を次々と作ることに成功したのであった。

就任以降、抜群の安定感を誇る名将、小針監督率いる作新学院から、今後も目が離せない。

作新学院の記事はこちら。

【関連】國學院栃木の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です