「駄目だ駄目だと言ってるとホントに駄目になる」/ 日大山形 荒木準也監督

物事には、物理的な理由で、不可能なことがあり、その壁は、どれだけ努力をしても越えられない。

だが、それ以外のことは、工夫を凝らしたり、鍛錬を重ねれば、限界を越えたり、奇跡は起こせる。

そのため、チャレンジする前から諦めたり、挑戦の途中で言い訳をしてはならない。

マイナスの感情を持ち続けると、自分自身で、チャンスを、次々と潰していってしまうからだ。

そんな考えから、日大山形を指揮している荒木準也監督は、本気で山形県勢初の日本一を目指している。

荒木監督が就任した当時のチームは、県大会の序盤で敗れるなど、低迷期の真っ只中であった。

そこで、私生活から徹底的に指導をし、技術においても、基礎基本を妥協することなく教え込んだ。

そして、目標に掲げていた全国制覇を、本気で目指すために、どんな勝負も諦めないような、強いメンタルも身につけさせた。

その結果、チームは復活を遂げると、県勢初の甲子園ベスト4にも、進出したのであった。

日大山形の記事はこちら。

【関連】鶴岡東の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です