「相手の戦力を分析するだけではなく、自分たちが相手からどう見られているのかを考える」/ 新潟明訓 佐藤和也監督

野球というスポーツは、相手より1点でも多く取ることができたチームが勝利となるため、攻め方を研究する必要がある。

戦術をたくさん学ぶだけでなく、相手チームの弱点などを調べ、効果的な作戦を確立するなど、様々な視点で考えることが、得点を取る確率を高める。

また、相手をばかり意識するのではなく、自チームの能力を他チームがどのように感じているかなどを、把握しておくことも大切である。

相手の印象を覆すような策を実行することで、ペースを乱し、一気に主導権を握れる確率が高まるからだ。

そんな考えから、新潟明訓を指揮していた、佐藤和也監督は、常に様々な視点で、物事を見るうよに伝えていた。

佐藤監督が就任した当時、新潟県勢は、全国では劣っていると認識されていたため、相手チームは受けて立つ姿勢が目立っていた。

そこで、選手たちに、相手から見た新潟明訓をイメージさせ、どこに隙があるかや、どんな偏見があるかを考えさせた。

そうすることで、効果的な作戦が実行でき、格上相手にも、勝利を挙げることができたのであった。

試合に向けて、色々な角度から情報を集めたり、分析する佐藤監督のスタイルは、新潟明訓に受け継がれていく。

新潟明訓の記事はこちら。

【関連】日本文理の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です