「勝利には技術と運、両方が大事」/ 星稜 林和成監督

人生では、どれだけ努力や鍛錬を積み重ねても、成果を掴み取れないなど、報われないことがある。

スキルやスペックがどれだけ高くとも、その時の周りの環境など、運というものが、大きな影響を与えるからだ。

しかし、偶然やまぐれといった、運にばかり期待して、頑張ることを怠っていては、絶対に結果は出せない。

運が味方した時に、力を精一杯発揮できるだけの準備をしたり、運に頼らなくても困らない技術をつけておく必要がある。

そんな考えから、星稜高校を指揮していた、林和成監督は、目の前の練習に、本気で励むことを求めていた。

星稜高校は、高校野球界屈指の名門校故に、全国にファンやプロの世界にOBも多く、声援やサポートなどは充実しており、目に見えない力が味方することもある。

だが、そうした運は、チャンスを掴むための、きっかけに過ぎないとして、努力や鍛錬を疎かにしないように伝えていた。

基礎や基本はもちろん、苦手分野や不得意なことも、運に期待するのではなく、克服に向けて汗を流すことを促していた。

その結果、監督を務めた10年間で、甲子園準優勝を筆頭に、数々の好成績を残すなど、チームの新たな黄金期を築くことに成功したのであった。

星稜高校の記事はこちら。

【関連】日本航空石川の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です