「今までの練習が何の意味もないと逃げたらダメ」/ 日大三 小倉全由監督

10ー0」で勝つ野球をモットーとして、日大三高を2度の全国制覇へ導いた実績を持つ、小倉全由監督

そんな小倉監督の指導スタイルは、「やれば伸びる」という実にシンプルなものである。

小倉監督は、前任の関東一高時代から毎年年末に「地獄の合宿」と称される、心身ともに鍛え上げるプログラムを用意している。

この合宿では朝から晩まで、トレーニングやスキルアップのための厳しいメニューが並んでいる。

従って、そんな合宿を残り超えると、技術はもちろん心も強くなり選手たちは劇的な進化を遂げる。

しかし、成長したことが必ずしも結果に結びつくとは限らないため、実践で成績を残せない選手は時折不安になることもある。

そこで小倉監督は、合宿や日々の辛い練習を無駄にしないように、今後の過ごし方を考えさせている。

そして、過去を生かす癖をつけさせ、切り替えや反省を自然な形で学ばせていく。

ただただ厳しい練習をこなすのではなく、こなした練習を味方につける方法まで教えているからこそ、日大三高は結果を残せるのだろう。

↓小倉全由監督の記事はこちら↓

日大三高の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「今までの練習が何の意味もないと逃げたらダメ」/ 日大三 小倉全由監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です