「一番大切にしないといけないのは選手の気持ちです」/ 開星 野々村直通監督

勝利に対して誰よりも強い想いを持ち、指導や采配を行う開星高校の野々村直通監督

練習の何気ない一球にも、一切の甘えや妥協を許さない姿勢で、数々の成績を残している。

その一方で、あまりにも勝つことを目指すが故に、周囲から批判を浴びることもあった。

もちろん、野々村監督は勝利が全てという考えだけで野球を行っていたわけではない。

生まれた場所や時代の流れなど、様々な事情で世の中には野球がしたくてもできない人がいる中で、自らや選手たちは野球に取り組めている。

そうした恵まれた状況下において、中途半端な状態では失礼という想いがあり、野球をする以上どんな一球も無駄にさせていないのだ。

しかし、自身の価値観を一方的に押し付けているわけではなく、選手たちの意見を聞き入れることも重視している。

そして、選手たちの「勝ちたい」や「上手くなりたい」という言葉に応えるために、厳しい指導を行っている。

勝つ野球に取り組ませながら、その過程で教育を行う野々村監督に導かれ、開星はまだまだ成長を続ける。

↓野々村直通監督の記事はこちら↓

開星高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「一番大切にしないといけないのは選手の気持ちです」/ 開星 野々村直通監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です