「チームが強かろうが弱かろうが、プライドを持ってやってほしい」/ 履正社 岡田龍生監督

高校野球界を代表する激戦の大阪にて、平成の時代に頭角を現すと、令和には初の日本一を掴み取った履正社高校。

世間では強豪私学として認識されていることから、勝って当たり前というレッテルを貼られることも多い。

しかし、府内の他の全国レベルの学校と比較すると、寮がないことや練習時間に制限があるなど、決して恵まれた環境ではない。

それでも、与えられた条件に不満を述べることなく、名将、岡田龍生監督に導かれ、全国トップクラスのチームへと進化を遂げたのである。

そんな履正社の強さは、技術、肉体、気持ちの全てで戦う、岡田監督の教えにある。

岡田監督は、足りない練習量や限られた環境をカバーするために、保護者に協力を要請したり、自主性で思考力を鍛えさすなど、様々な工夫を凝らしてきた。

だが、全国には出場できても、甲子園で勝てない時期が続くなど、苦戦を強いられていた。

そこで、一球に対して執念を持ってプレーすることや、試合の際に自分やチームにプライドをもって挑むことを求めるなど、気持ちの部分を追求した。

その結果、勝負どころや正念場でも動じることなく、普段通りの野球ができるようになり、チームは悲願の日本一を掴み取ったのであった。

履正社の記事はこちら。

【関連】PL学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です