「汗水たらし涙を流せば、うまくなるというわけじゃない」/ 済美 中矢太監督

センバツ大会の優勝を筆頭に、甲子園でも数々の好成績を残している愛媛県の強豪、済美高校。

21世紀に入ってからの創部ではあるが、チームとしての実績に加え、プロ野球選手を幾人も輩出していることから、全国的な知名度を誇る。

そんな済美を指揮しているのは、高校野球界を代表する名門、明徳義塾の出身である、中矢太監督である。

中矢監督は、選手時代に厳しい練習で心身をともに強化したことで、甲子園の切符を掴んだ。

そのため、済美の指導者に就任した当時は、厳しいメニューで選手たちを鍛えることも少なくなかった。

しかしながら、苦しい練習やトレーニングが、上達に必ずしも直結していないことを学び、指導方針を改めた。

基礎や基本を身につける際には、徹底を意識させるものの、他の練習では、必要以上に追い込んで、選手たちの良さを消さないようにした。

また、積極的な休息やリラックスさせることも取り入れて、選手たちを故障させないよにしている。

その結果、選手たちの力や長所が存分に発揮され、上甲正典前監督が作り上げた強いチームの継承に、成功したのであった。  

済美高校の記事はこちら。

【関連】松山商業の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です