「効率のいい合理的な練習だけでいいかというと、そうではない」/ 済美 中矢太監督

情報化社会が進むにつれ、技術やノウハウが誰でも手に入るようになった現代では、根性論などが見直されつつある。

スポーツにおいても、練習量や努力の時間より、生産性や効率などを高めることが重視されている。

だが、合理性を追求するだけでは、身につかないことや、手に入れることができないものもある。

昔ながらの、遠回りに見えることや、非効率に思えるものであっても、高い効果が期待できるものも少なくない。

そんな考えから、済美高校を指揮していた中矢太監督は、合理性ばかりにとらわれないようにしていた。

中矢監督は、チームを基礎から作り、全国レベルにまで育て上げた名将、上甲正典監督の勝つための野球を、長年、真横で見届けていた。

上甲監督のスタイルには、科学的根拠に基づいたトレーニングなど、合理性のあるものが多かった反面、やや根性論に近いものもあった。

しかし、中矢監督は、理不尽なものやマイナスになること以外は敢えて継承し、合理性に欠けていても、必要だと判断すれば取り入れていた。

その結果、チームを低迷させることなく、全国レベルの強さを継承することに、成功したのであった。

済美高校の記事はこちら。

【関連】松山商業の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です